「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

母の教え(2)

 私の母は、面白い(^◇^)

 私の母の家系は元々「日蓮宗」である。
したがって母方の祖母が亡くなった時は日蓮宗のお寺さんにお願いした。
菩提寺もそこにあるから、当然 先祖代々の墓所もそこにある。これ、日本の常識。
(まぁ、最近は霊園を利用する家も多いが・・・)

 ところが、母は若い頃に「小さきテレジア」の生涯を本で読み、カトリック教会で洗礼を受けた。
そのいきさつの詳細は、何度か聞いたが・・・忘れた^_^;すまん。
したがって、母のクリスチャンネームはテレジア。

 やがて、父と巡り合い~結婚するが、これまた父方は曽祖父の代からのプロテスタントだった。
だが、父方の祖母は「金光教」で神道をこよなく愛していた(^◇^)
まぁ、本人同士はお互いがクリスチャンということで特に問題もない、生活に支障もない。

 そして、私を含め3人の子どもに恵まれて、それぞれを母は生まれてすぐにカトリックで幼児洗礼を受けさせた。
姉と私のクリスチャンネームは「マリア」で女性では特に珍しくない。
兄も「洗礼者ヨハネ」と、まぁ多数派。
 (余談ですが・・・洗礼者ヨハネはイエス・キリストに洗礼を授けたお方のこと)

 そんなこんなで、仏教、神道、カトリック、プロテスタントと一つ屋根の下で宗教的には実にややこしいクオーターが成り立った。
しかし、わが道を歩む母の、信仰への真っ直ぐさは一家の中でも抜きん出ており、それはお見事である。が、だ!
私が幼稚園に入る年齢になると、母は面白い行動を取った。
なんと! 私を仏教系の幼稚園に入園させたのである。。。おもろい。どう考えてもオモロイ。

そこの幼稚園は自宅からは遠いがスクールバスが送迎してくれる。
丁度、同じ方向の同じ距離にもカトリックの幼稚園があり、そこもスクールバスが送迎してくれるのに・・・なぜ? なぜ、なぜ?

幼稚園の2年間を、私は袈裟を羽織って木魚を叩く園長先生と毎日を過ごし、日曜日には欧州人の神父さまと日曜学校を過ごす、というスタイルで育ったのである。
   ・・・おもろ過ぎる(^◇^)

 母に、そうさせたには何かの意図があるのか?と尋ねると、
「さぁ、どうだったかしら~ よく憶えていない」という、が確かに意図はあった。母は前進あるのみ、過去は一切振り返らない人間であるからして、「憶えていない...」は事実なのだと今は思う。

 そして、わが家は クリスマスに教会に行き、除夜の鐘を慈しみ、初詣を喜ぶ過程を楽しんだ・・・のは私と母だけで、父・姉・兄・祖母らは皆それぞれの思いで過ごしていた(^◇^)ようだ。
 母は、静かに確かに突き進むタイプ。
 父は、足踏みしてでも拘り、停滞してでも完璧を主義とするタイプ。

今も忘れないこんなエピソードがある。
カレー事件とでも呼びたい。

祖母らは、毎週金曜日=海軍さんのカレー・・・を作るのが好き!
父も子どももカレーは好き! ψ(^◇^)問題ないね。
だが、金曜日はカトリックの小斉の曜日で磔刑にかかったイエス・キリストのことを想い、世界の病や貧困で命を落とす人々のことも想い「肉」を食さない、とされる!
したがって、母の鶴の一声にて、

わが家の金曜日
夕飯=楽しみなカレー=肉無し!
  щ(゚Д゚щ) うじょでじょ~


みたいな週末になるのであった。
「婆ちゃん、お願いだから金曜日にカレーを作るのをやめようよぅ」と懇願した覚えもある。

 今も私はカレーを作るたびに、あの頃を思い出しては(*´艸`)ニヤニヤしてします。
なるべく、金曜日にはこしらえないようにしようと思ってしまうのもトラウマであろうか?

 

[PR]
by madorudo | 2010-01-22 16:00 | 家族の話・・・いろいろ

母の教え(1)

 私の母は面白い(⌒▽⌒)

 特に冗談を言うわけでも、サービス精神があるわけでも無いのに。
 私の母は真っ直ぐ素直に生きているだけが・・・見ていて面白い。

 人との深い関わりを持たず、一人でコツコツと思った道を進む。
 家族にも同様である。

 先日は「父の年賀状」と題して2回連続のネタを書いたので、
今回は母をネタにしよう!
(*´艸`)ぷぷ

 「父の年賀状」ネタでも書いたように私の父は、人との関わりに拘る。
その関わり方にも拘るゆえに、毎年のあの年賀状騒動を懲りもせず毎年、繰り返している。

 それが、母は全く逆・・・^_^;なのである。
 生真面目なためにブラックジョークはまず通用しない。
怒りはしないが必ずたしなめられる。
 「子どもの常識」など全く通用しない! 目線は常に大人の位置から決してブレなどしない。
 必要以上に人とは関わらず、拘らない。
 それが、ひとたび! 自身の関心事に「火」がつくと手の付け様もなく真っ直ぐに探求開始、脇目もふらず、ひたすら没頭の世界へと走り始める母である。


   あの父と、この母のいる家庭で育った私たち3人姉兄妹の頼みの綱は、
つまり生命線は、今は亡き二人の婆ちゃんの存在だった、と今でも深く感謝している
(^◇^)ありがとうございます。

  母は、「武家の出の末裔」という・・・真相は至って不明(-"-)
  母は、「公務員たる者の妻は武士の妻と同じである」という・・・わからなくもない(-"-)
  母は、「わが主、わがすべて」という・・・信仰上の問題である(-"-)

 私が子どもの頃に、姉フッ子や兄ヒデ坊とは、どーも性格の違うヤンチャな末娘の私の将来を按じて、事あるごとに箴言、格言、論語などで諭してきた。

  玄関で靴を脱ぐ瞬間に、「脚下照顧!」
  路上を歩いていても、「他人のふり見て我がふり直せ!」
  泣いて帰ると、「君子危うきに近寄らず!」
  外で遊んでばかりいると、「文武両道!」
  マンガを読んでいると、「少年老い易く学成りがたし!」
  手伝いをせずにいると、「義をみてなさざるは勇なきなり!」
  屁理屈でのがれれば、「巧言令色鮮し仁!」
  
  その他 「為せば成 為せねば成らぬ何事も!!」
      「後悔 先に立たず!」
      「われ日に三たびわが身を省みる!」
      「目は口ほどにもの言う!」
      「論より証拠!」
      「朝に道を聞いて夕に死すとも可なり!」
      「狭き門より入れ!」
      「光陰矢の如し 身命は露よりも脆し!」
      「一寸の光陰 軽んずべからず!」 

   その他、盛り盛りだくさん!
私の近くで、しかも絶妙なタイミングでその場にピッタリの格言、箴言、論語が口から飛び出す。
意味を聞いても特に解説はしない。必要なことは今言った、とばかりに黙って去る母。
   そんな母が・・・面白~い(⌒▽⌒)
   
 これは、私の母の「武士道教育」であったのであろうか?
 現在、82歳になる母は健在。なおもって口を突いて出る。
 
 似たようなことを、私は息子のPin君にも言っている時がある。
 
 ただ、母のようにあっさりとはできない。
 私の体内に宿る、あの父のDNAが私を拘りの世界へと誘うのです。
   

 失敗とは・・・
開拓の精神を忘れ、困難に挑戦する事を忘れた者たちの言い訳です。
 

 う~む、困難だ。


[PR]
by madorudo | 2010-01-21 14:55 | 家族の話・・・いろいろ

プラハ交響楽団

 昨夜、ママ友の「りんりん」さんが誘ってくれて久々の演奏会へ。
「プラハ交響楽団」と地元音大の管弦楽団との合同演奏会でした。

e0044613_1341355.jpg

プラハ交響楽団との合同演奏

 私の好きな スメタナ 交響詩モルダウ 連作交響詩「わが祖国」ではじまる。
この曲は「プラハの春」で憶えている、とても印象の深い旋律だ。

 合同演奏ということで、音大生が所々に・・・

 2曲目、ショパンのピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 作品11
  ショパンと聞くとただそれだけで(-"-)んな顔になる私。キライではないはずだがトラウマか?
  座席が中央から右方だったので、幸か不幸か(笑!)ピアノ奏者の手元は見えず、ラッキーかアンラッキーなのか・・・目をつむると、残像の中のグランドピアノから音符が~♪~♪♪~♪♪♪~山のように溢れ出る。。。私には荷が重い・・・

 3曲目、ドボルザーク 交響曲 第9番 ホ短調 作品95「新世界」より
  第3楽章のすべてから第4楽章に入ってすぐの辺りまでが特に好きだ。
  それは、昨夜のパンフレットの解説によるところの
「第3楽章はモルト・ヴィヴァーチェのスケルツォ楽章で、素朴な民族舞踏的なスケルツォ部と哀愁を帯びたトリオ部の見事な対比を形成する。第4楽章は再び序章付きソナタ形式による・・・(くらしき作陽大学・音楽部教授/青柳謙二)」と書かれたまさにその部分であった(⌒▽⌒)/マドレーヌ喜ぶ

 アンコールは、同じくドヴォルザークのスラブ舞曲の・・・?作品?番?
 プラハ交響楽団のみの演奏で、十八番らしい。

   昨夜は「熟睡!」の神ミューズに(笑)感謝! ヽ(^。^)ノ  
[PR]
by madorudo | 2010-01-21 13:39 | マドレーヌ家の・・・出来事

ごっこ汁・・・(ーー゛)

先日、「ツイッター」仲間の夕食メニューを見て・・・???
「ごっこ汁」?に興味を示した。

ままごとだと、「ごっこ汁ごっこ」と言うのだろうか・・・(* ̄m ̄) ププッ

「布袋魚(ほていうお)」という魚を、ぶつ切りにして鍋で食べるらしい。
昆布だしで、醤油味。
翌日には、ご飯を入れて雑炊にすると、二度旨いらしい・・・。

 だが、その魚の正体は、
ツイッター仲間の描写によると、

①黒くてブヨブヨしていて、形は「ふぐ」に似ている
②お腹に「吸盤」がある
③皮は「あんこう」のような
④そのまま売っているところを見たら多分、買わない
⑤ものすごく!旨い

どんなんじゃろ~。と想像して・・・
ネットで検索・・・
①②③の通りです。
⑤に魅力を感じるが・・・④で帰宅すると思うわ、多分。

一度、調理済で食してみたい ψ(^◇^)と思う。
誰か、親切な方はいませんか?

追記―
ごっこ「煮」ではなくて、ごっこ「汁」だというご指摘を頂きました(^◇^)
訂正いたしま~す!
[PR]
by madorudo | 2010-01-18 21:53 | マドレーヌ家の・・・出来事

驚きの(☆_☆)方言

先日、私の師匠で(何の師匠かは秘密)、ハンドルネーム「まるも」さんからオフでお話をうかがっておりましたところ…驚きの事実を知りネタに更新いたします。

 多分「気楽亭」さんは【方言】に関心がおありで、しかも岡〇県出身ですのでご存知かも。

 多分「カモミール」さんは【書道】の先生なのでご興味頂けるかも。

 <カミングアウト!>
岡〇県民は! 習字の最初の書きはじめの「ヽ」のチョンの事を!【うったて】と呼ぶ!(^^ )!

 わが岡〇県では書道教室でも、学校の習字の時間でも…書きはじめの最初の「ヽ(チョン)」のところを【うったて】と呼ぶのが当たり前で、標準語だと思って生きて来ました( ̄▽ ̄;) そう、私の周囲の一人残らず、そう思っております。

 習字の時間に先生が「はね」、「はらい」、「とめ」などと同じく「うったて」とイの1番に教えて下さる毛筆の専門用語として使ってきました…が、通用するのが岡〇県だけ…という事実。

試しに↓検索したところ

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114509071


いかがでしょう? 【うったて】以外に、あの部分を何と呼べば良いのでしょうか?
 だれか、教えて!!!


追記―
 最たるサイトを見~つけた(⌒▽⌒)
「うったて考」佐野榮輝/ノートルダム清心女子大学
[PR]
by madorudo | 2010-01-11 22:00 | 記憶・・・忘れられないもの

ルドルフの待ては続く・・・ケイタイから投稿

e0044613_15114084.jpg

「待て」や「おすわり」などの芸達者なワンコは、度々飼い主から理不尽な思いをさせられる。
蛋白質アレルギーがある我が家のルドルフ(♂)は、アミノ酸に変換させた餌しか食べられない…。
 肉も魚もダメ。 カンガルーやワニならアレルギーが出にくいと言われて試したがダメだったのさ。

替わりに、野菜や果物はOK (o^-')b
ミカンを柵の上に並べられて…待て!を強要されている ルドルフ U^ェ^U

ミカン大好き。
夏は「冷凍ほうれん草・宮崎産」が好き。
白菜も好きだが、芯は上手に残す。

 草食系男子。

そういえば、「ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート2010」はとても良かった。
ルドルフも安眠できたようだ。
「今年のも良かったけど・・・2年前のが良かったよねぇ」などと夫・パーマンと話して新聞を開くと・・・
・・・今年の指揮者は、フランスの指揮者ジョルジュ・プレートルである・・・2008年と同じ指揮者ではありませんか。月日が経っても私の「好み」は変らなかった。
だから、バレエもパリ・オペラ座が出演していたんだわ。
85歳のジョルジュ・プレートル・・・私の父とほぼ同年代・・・一緒にするのは申し訳ないが、双方どちらも丈夫そうだ。
長生きして欲しい~。
[PR]
by madorudo | 2010-01-04 03:11 | 犬・・・ワン公な日々

父の年賀状 (2)

 私の実家の父が執念を燃やし、毎年の年賀状に取り組む姿を前回の記事で書いた。
このネタで続き物にするつもりはなかったが、色々と思い出すとカキコキしたくなってくる。
 私の実家ネタは、尽きないし飽きない連中ばかりがいるからだ・・・(^^ゞ へへっ

 私が幼い頃は、父の年賀状も毎年・・・円い「賀正」ハンコをペタン! 小さめの「元旦」ハンコをペチョ! 最期に「住所・氏名」ハンコをベタ! と「三段階ハンコ技法」で1枚ずつ作成していた。

 乾かして、宛名書きが終わると、父は手書きでその空白部分に、一人ひとりに合った言葉を書き添えて出す・・・1枚作成にどれだけの時間を使うのか・・・と思うほど丁寧な作業を私の父はしている。

 短歌、和歌、俳句で届いた方へは返歌、返句で返し、近況を書いてくる方へは応答文を必ず添えている。しかも、前年度の年賀状とタイアップさせて1枚1枚を見比べながら「相手に合った内容を書かなければいかんのだ!!!」と異常に頑張る。
 そんなことを何年もしていると、どーなるかというと!
間違いなく、先様からの年賀状はどれもこれもが「凝った1枚」となって翌年のわが家に届くこととなる。

 そのように凝った年賀状が・・・父の現役時代は1.000枚を軽く超えていた時期があった^_^;
 それをスタンプと手書きで書き続ける「執念」を私は見て育っている。(敢えて感想は言えない)
 
 年末年始は連日、夜を徹して書き・・・真夜中の休憩時間を頭のクールダウンに一っ走り郵便局まで自転車で走る父の手には数十枚ほど書き上げた年賀状がある。ポストへは入れない。裏口からドアを叩き、作業中の局員に託す・・・なるべく早く届くようにとの思いかららしい。。。
そして、年を越し~元旦~お年玉抽選日ギリギリまでこの繰り返しで、書く、走る、書く、走る、書く・・・。すべてが終了した時には、世間ではもう「正月」とは呼ばない頃になっている。

 現在、88歳(大正10年生まれ)の父は、今でもこの作業を辞めない。
ただし、表書きとスタンプは私のパソコンとなった。

 そして、現在ではピークの頃の約半分の枚数に減った。
それは、父が年齢を重ねると共にパソコンデーターから削除されていく方々が年々おられる、という現実である。
 その寂しい現実を私は父と共に長い年月をかけて見てきたように思う。
 その中でも特に気になるメンバーがある。  
 実際には私は会った事もないが「〇〇さんから、今年も届いた」と私が妙に安堵感を持つのは、父の台北帝大時代の同級生からの賀状である。・・・随分と枚数が減ったものだ、と・・・。

  毎年 私はブツブツと文句を言いながらも永く続いているものだ・・・。
  父よ! まだまだ元気で正月を迎えよう!

        だが、父よ! 明日から、私は仕事始めです!!
        追加印刷は、頼むから早めに申し出てください(ーー゛)
        私ももう若くないのですから! 

e0044613_21482121.jpg

[PR]
by madorudo | 2010-01-03 14:14 | 家族の話・・・いろいろ

父の年賀状 (1)

 お正月の「元旦」には、私は子どもの頃から外出をするという経験が無かったので・・・
理由は実家の父・ケンケンにすべての原因がある。

 父は、こと「年賀状」に関しては凄まじい執念で挑む人で、私は物心ついたころから、元旦は机の上に山積みになった年賀状と格闘している父の後ろ姿しか見たことがなかった^_^;
 「手抜き」を許さぬ父が、唯一、懇願して家族を総動員させて賀状の「仕分け」と「宛名書き」を依頼する・・・そう、私の実家の正月、特に元旦は実に凄まじい・・・子ども心に、他所さまとは違う正月を迎えさせられる理不尽さに怒りと悲しみと・・・放って置けない家族愛を!?育まされてきた(笑)

 やがて、姉・フッコが一抜け、兄・ヒデ坊がニ抜け、母・ミコタンが三抜けし・・・そして私は知恵がつきはじめ・・・「宛名書き1枚〇円」にて下請け交渉をし、小遣い稼ぎをし始めた(^^ゞ

 そんな、こんなのお正月で実家は毎年、情緒に欠けていた。
 それは、私が県外で学生生活をはじめても、更に就職をしても正月帰省で、ずーーーーーっと続いた。嫁に行ったらもうムリかも?と思いながらも今のようにパソコンは無い時代に頑張った。

  活版「日本語ライター」を習得してバイト先で機械を借りて作業したこともある。
  リソー化学の「プリントごっこ」は発売と同時に飛びついた。
  初期の「ワープロ」を入手した時には神さまに感謝した。
  今では「パソコン」という便利なもので、わが実家の賀状作業は随分とラクになった・・・。

 しかし、毎年 大量に届く父の賀状は、①先に出す人 ②来てから出す人 というややこしい区分があり、更には喪中だの転居だのとパソコン任せにはいかないのが現状である・・・実家から近くに嫁いだ私は、今でも「恐怖の年賀状」正月を過ごしている。。。が、今年はなんと!!!

  「抽選日が10日ほど伸びたから、ゆっくりでいいぞ~」と父からの電話。
   お年玉つき年賀状の抽選が24日になっているので、それまでに届けば良いと思っているらしい フツーは松の内15日までだろ?^_^;

  まぁ、父がそう言うので私は12月31日の夜、夫・パーマンと息子・Pin君に宣言をした!
  「明日は早起きして、生まれて初めての元旦福袋の行列に並んでみる!」

  いよいよ元旦の朝、私は一人で6時起床、7時仕度、8時20分に家を出てショッピングモールへ

  だが、ものすごい行列に圧倒され、この時点で列に加わる気力は失せていた。開店を車中で待つこと30分。オープンと同時に雪崩込む人びとがいなくなったのを見届けて店内へ。。。すでに、福袋を3つも手にした人と階段ですれ違う\(◎o◎)/! すごっ!

  人ごみとは反対の方向で、ゆっくりと物色(^^ゞ 私の周囲は静か。
  そんなぁ~ やはり「中味がわからない福袋」・・・ 貧乏性の私にはとても買う勇気がありません!  でも、なぜか嬉しい 元旦に1人でショッピングヽ(^。^)ノ 人生で初めて。

  結局、普段は贅沢で買うことなどはまずないような商品を中味が確認できるという妙な安心感で1種類のみ購入。
  それが、これ!
e0044613_1413826.jpg

    ボディーシャンプー、ボディークリーム、フットスクラブ etc
    これで、新年は美しくなろう!(多分、3日坊主だろう)

   生まれて 初めて 購入した「福袋」でありましたヽ(^。^)ノ
[PR]
by madorudo | 2010-01-02 14:26 | 家族の話・・・いろいろ

来た年・・・2010年

e0044613_0325169.jpg


 なぜか 新年早々に↓これが気になる
International 17 Jean Valjeans "Les Misérables"

 
   戦う者の歌が聴こえるか
   鼓動があのドラムと響き合えば
   新たに熱い生命が始まる
   明日が来たとき
   そうさ明日が

  列に入れよ 我らの味方に
  砦の向こうに 世界がある
  戦え それが自由への道


   若者たちの歌が聴こえるか
   光り求め高まる歌の声が
   世に苦しみの炎消えないが
   どんな闇夜もやがて朝が
   彼ら主の国で 自由に生きる
   鋤や鍬を取り 剣を捨てる
   鎖は切れてみな救われる

 列に入れよ 我らの味方に
 砦の向こうに 憧れの世界
 みな聴こえるか ドラムの響きが
 彼ら夢見た 明日が来るよ

From "Les Miserables"
Do You Hear the People Sing?

[PR]
by madorudo | 2010-01-01 00:01 | マドレーヌ家の・・・出来事