<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

見たい。

☆見たいと思った・・・

 今朝、急に懐かしくなって・・・でも、見るすべはないだろうなぁ~。
「タイムトンネル」
「宇宙家族ロビンソン一家」
「巨人の惑星」
「0011ナポレオン・ソロ」
忘れてはいけない「スパイ大作戦」・・・(⌒▽⌒)
昭和30~40年代の海外ドラマです。


☆見たいと思った・・・ 

今日は、Pinくんの水泳記録会。
強引なら、すべはある(脚立で塀越し)~・
市内6ヶ所の小学校が集まって、知らない子ども同士が競泳式で自己記録を確認する会。
50メートル自由形。
今日は特別な日・・・Pin君の小学プール生活6年間の集大成(^_^)夏休み前に学校はプール納めを済ませているので、Pin君がもう小学生として学校のプールを使用するのは事実上、今日が最後です。
 親は観覧禁止なのです^_^;見たい~。

  
  見たくても、見られないもの・・・忘れられないこと。
[PR]
by madorudo | 2008-07-29 06:38 | 記憶・・・忘れられないもの

マイ箸プロジェクト

e0044613_22155243.gif「割り箸は間伐材だから、森林破壊にならないんだよ」って聞いたことはありませんか?

でも林野庁のデータグラフをご覧ください。
実は97%が輸入材、その大部分が中国産なのです。

現在、全国で消費されている割り箸は、年間257億膳といわれています。
これは標準的な2階建木造住宅に換算して、およそ2万棟分にあたる木材量です。

地球上から森林が完全に失われる前(森林 破壊参照)にたった1回使って捨てられてしまう割り箸から、マイ箸に変えてみませんか。

たった一人からできること。「マイ箸の携帯」をお始めください。

ネットワーク地球村の「マイ箸プロジェクト」の記事です、のぞいて見て下さい。
[PR]
by madorudo | 2008-07-09 22:19 | 衣食住・・・環境問題

ヒマラヤもシロクマも・・・

<ヒマラヤ 氷河湖決壊の危機>
世界の屋根ヒマラヤで、地球温暖化による氷河の縮小が急激に進んでいる。IPCCは「2035年までにヒマラヤの氷河の80%が消失する」と予測。山岳氷河が融けてできた氷河湖の決壊洪水が頻発すると警告している。今年5月、慶応大学の研究チームが、エベレスト山麓の決壊寸前の氷河湖イムジャ・ツォを訪れ、宇宙衛星と標高5000mの地上から氷河湖を観測する世界初の警報システムの構築を目指した。番組では、調査に同行して氷河湖の最新の状況を伝えるとともに、決壊被害の精緻なシミュレーションを行う。さらに、ヒマラヤ山脈は長江など7つの大河の源流であり、アジアの水がめの役割を果たしている。将来、氷河が消失すると、インダス川などで河川の流量が大幅に減少し、下流の水資源に大打撃が及ぶと研究者は指摘する。目前に迫る決壊洪水、そして将来の水不足。温暖化がヒマラヤ山麓と下流のアジアの人々の暮らしに及ぼす重大な危機について考えていく。
NHK「クローズアップ現代」
6月23日(月)放送(NO.2602)
スタジオゲスト : 中尾 正義 (総合地球環境学研究所名誉教授)

洞爺湖サミット・・・「議長総括には、温室効果ガスの排出量を2050年までに半減させる長期目標について、主要8カ国(G8)だけではなく「世界全体の目標として共有し、採択を求める」ことや、食料価格高騰への対応などが盛り込まれる。。。」 
どうやら問題山積みのまま今日、呆気なく閉幕(ーー゛)
G8・・・(-"-)もう、とっくに間に合わないとこまできているのに・・・。何をのんびり駆け引きしているんでしょう。

あの北極のシロクマが絶滅危惧種となって2年・・・(ーー゛)あの極寒の地で生きている動物が絶滅する頃に・・・人間は、自ら人間を「絶滅危惧種」に指定しても・・・もう、遅いです(ーー゛)

 と、言いつつ・・・仕事に買い物と私は移動手段をなるべく自転車にして、やむなく乗車はエアコンをつけずに運転。エコバッグにマイ箸持参。髪は洗髪時間短縮ができるショートヘア。それが、わが歳には勝てずか!夕方にはバッタリ倒れ込み・・・遂にエアコンのスイッチに手が伸びる。こう暑くては、もう何をどうして良いかわかりませぬ!

地球温暖化が更に温暖化の原因を作る悪循環を~どこで断ち切れるというのか。   リセットされる日を待つのみ・・・黙示録に記された日。
[PR]
by madorudo | 2008-07-09 21:24 | 衣食住・・・環境問題

京都議定書→洞爺湖サミット どーなる。

「基準年」明記見送り
洞爺湖サミット文書


 7日からの主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)で主要議題となる地球温暖化対策で、焦点の1つの温室効果ガス削減目標の「基準年」に関する記述が議長総括や合意文書に盛り込まれないことが1日、分かった。政府筋が明らかにした。

 基準年明記が見送られることで「50年までに世界全体で温室効果ガス半減」の長期目標で合意できた場合でも、あいまいさが残るのは避けられなくなった。基準年見直しを表明していた福田康夫首相の指導力にも疑問符が付きそうだ。

 京都議定書に定めのない2013年以降の新たな国際枠組みや長期目標の基準年をめぐり、日本が「京都議定書には省エネによる削減努力が反映されていない」(外務省幹部)として、京都議定書の「1990年」から「2000年以降」への見直しを提案したのに対し、欧州各国が反対し折り合わなかった。

              2008/07/02 02:06 【共同通信】


  どうもこうも(ーー゛)ございません。何のためのサミットやら・・・。
[PR]
by madorudo | 2008-07-02 08:57 | 衣食住・・・環境問題