カテゴリ:マドレーヌ家の・・・出来事( 77 )

陽ざし

今朝のわが家、1階の東窓。
朝の陽ざしも、ずいぶんとやわらかくなりました。
シルエットは・・・宿根朝顔「オーシャンブルー」
手のかからない、可愛い植物です (^◇^)
e0044613_8414181.jpg

激しい動悸の症状も軽快してきております・・・今朝はとても快調。
お祈りにおぼえのある皆さまに心より感謝です(⌒▽⌒)
ありがとうございます。
[PR]
by madorudo | 2007-09-18 08:46 | マドレーヌ家の・・・出来事

ちょっと、お暇を・・・

一週間ほど前から、昼夜問わず、動悸に襲われるようになって・・・
ちょいとブログをお休みさせて頂きます~。

      よろぴく(^^ゞ マドレーヌ

e0044613_21281869.gif

[PR]
by madorudo | 2007-09-05 21:24 | マドレーヌ家の・・・出来事

今日から

今日から学校・・・

以前なら、「明日から2学期」というところですが、昨年度からPin君の学校は1年を前期と後期に分けた2学期制となって、夏休みは8月30日までで、31日からが登校です。
始業式があるわけでもなく、普通に授業が始り、給食もある。。。

なんだか、これでは子どもの気持ちがシャキッとしませんよね。大人だって切り替わらないのに。
それを踏まえて、夏休みは規則正しく生活することを重点的に学校からも指導がありましたが・・・あの長い休みを親も子もどのようにコントロールすれば、休み明けに、すんなりと授業、勉強に励めるのか! そこのところを是非ぜひ一つ、お手本を見せてほしいものだ。

プールも夏休み前にプール納めが済んでるし、運動会だって春に終わらせてる学校も多いし、
そのうち、進・入学式も10月にしよう!と言い出すのでしょう?わかってますってば。

 あ~ 夏休みが終わると清々するかと思ったけど・・・何だかとっても寂しいですぅ。

 私は・・・1週間ほど前から動悸がするし。またまた自律神経がくるったのかもしれません。もしかしたら心臓疾患! もぐら叩きのゲームオーバー寸前状態。あ~悩みは尽きませぬ。

 今からゆっくり出勤です(今日まで許されてる)行ってきます~。
[PR]
by madorudo | 2007-08-31 11:21 | マドレーヌ家の・・・出来事

食欲の秋(1)鈴虫さんとシュークリーム

ご近所のクリーニング店さんのおばあちゃんから頂いた「鈴虫さま」が・・・鳴きはじめました(^^♪
Pin君は、せっせとお世話をしていたので「今日は2匹」「今日は4匹かな」と鳴いている鈴虫の数を教えてくれます、嬉しいんだろうなぁ~。
イヒ(^^♪ 暦のうえでは秋・・・食欲の「秋」

  この連日の猛暑では・・・食欲も減退しますが、
e0044613_757489.jpg

美味しくいただきました!  
この 虎屋の
シュークリーム!!!
ψ(^◇^)


「たこ焼き」にしか見えんわ(゚∀゚∀゚∀゚∀゚∀゚∀゚)ァヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
お味は・・・シュークリームでございましたですぅ。。。

なんでも開発のきっかけは「夜食で食べた「たこ焼き」がシュークリームに見えた瞬間に思いつきました」とのこと。。。こういうのが発想の転換ですわよね。
私のような凡人は「たこ焼き」はたこ焼きにしか見えません。このシュークリームも「たこ焼き」にしか見えませんわよ!食べながら・・・シュークリーム味の「たこ焼き」を食べている気分でいましたので重症ですから。一度、「たこ焼き」のイメージを刷り込まれた私の脳は書き換えが困難。ですから、・・・この逆のたこ焼き味の「シュークリーム」は想像するに怖ろしく、食べたくないかも・・・。

手品のトリックにあっさりとひっかかり、騙し絵にコロッとだまされる・・・
人間の脳の弱点を逆手に取ったお遊び。
トロンプ=ルイユというジャンルがあって、“だまし絵”の条件は、本物そっくりの写実性と迫真性。しかし単に精密なだけではありません。画家のレトリックを受け入れることで楽しみを得る、非常に繊細なゲームなのです。
それとは少しジャンルは違うかも知れませんが、そのまんま、料理職人さんの腕にかかると・・・まさに芸術!

味覚と視覚が大混乱 
 広島・虎屋 「元祖 本物そっくり!スイーツシリーズ」 
[PR]
by madorudo | 2007-08-18 08:03 | マドレーヌ家の・・・出来事

かわゆくない「うさぎ」

 またまた、大型台風の接近。
ここ2、3年まえから、わが家は台風によく直撃コースを取られている。

う~ん。今回の2007年台風5号・・・名前は「ウサギ」だピョン(-"-)。。。
息子のPin君が、そう教えてくれたのさ。

名前はかわいいが・・・2006年の14号は「ヤギ」だった・・・2005年22号は「テンビン」・・・
さらに、前にさかのぼると「ワシ」だの「トカゲ」だの・・・そして、さらには「コンパス」「コップ」などと、日本が命名すると笑えるわ(^^)
でも、1940年代の大被害を出した台風「キャサリン」(米国の命名)が言葉の響きも強そうだ。

 今回も、わずかにわが家は反れていますが・・・今、風がとても強い。
TVでは、まだ大きな被害は報道されていませんが、台風の進路にお住まいの方は、くれぐれもご注意くださいませ~。
e0044613_14361553.jpg

[PR]
by madorudo | 2007-08-02 22:49 | マドレーヌ家の・・・出来事

海の日に・・・

7月16日
「海の日」に海上保安庁の巡視艇に乗せてもらって沖まで出ました。
e0044613_17483791.jpg

e0044613_17494047.jpgなにやら
小型船が
ついてくる・・・
海に落ちたら
助けてくれるのね
・・・きっと・・・

マドレーヌ撮影

そこへ、ヘリコプターが1機登場。
Pin君撮影。e0044613_17544326.jpg

e0044613_181576.jpg
Pin君撮影。

海上救助訓練を見学させていただきました(⌒▽⌒)
普段は、巡視艇に乗せてもらえることもないですが、この日は操舵室にも入らせていただき、舵まで操縦させてもらえて満足でした。ヘリコプターはサービスに巡視艇の真上を爆音でゆっくりと飛んでくれました。

 現地までの往復は電車でしたので、「電車」「航空機」「船舶」という
Pin君の大好きな乗り物3本立てで楽しませてもらったのです。
  ご満悦(⌒▽⌒)/ 「海の日」には港に行こう!

 こ、このあと・・・私の分身でもあるデジカメさんが   
   壊れた・・・
   (ToT)/~~~

[PR]
by madorudo | 2007-07-16 00:00 | マドレーヌ家の・・・出来事

JRさん・・・困りますよ。

e0044613_2281080.gif

 今日、ご用があって電車に乗り、隣町まで一家で出かけた帰りの電車での出来事。

 下り電車に乗って私たち親子3人は発車を待ち、座っていました。いえ、息子のPin君は先頭車両だったので立って運転台を覗いていました(いつもこうです、鉄道ファンなので)。
私と夫のバーリンは扉のすぐ横の3人がけ椅子に座っていました。
車中は混んでいませんでした。

 そこへ、身なりのきちんとした老夫婦が乗り込み、私たちとは反対方向のかなり離れた場所に席を確保。
発車を待つ電車は静かでした・・・。

 プルルルルルル・・・発車の合図のベルが鳴る。

 突然、私の座っている横の扉のところで、ホームに立っている車掌さんに何やら大声で叫んでいる老人。
 さっきの老夫婦の男性でした。

 男性「この電車は徳山?」
 車掌「え!」
 男性「この電車は~」・・・扉がパシャーン!

 その男性危なかったんです、身を半分、外へ乗り出していたので、あともう少しで扉に挟まれるところでした。車掌さんに電車の行き先を確認したかったのです。
 がっかりした様子の男性に、扉の横で立っていた男性が「福山行きですよ」と教えてあげました。そうしたら、さらにひどくがっかりした様子で「フクヤマ・・・」と呟き、座席の方へ戻られました。

 数分後。
 その老夫婦の男性は揺れる電車の中を足元危なげに、歩み寄り、Pin君の側に立つと運転席のガラス窓を拳で軽くコツコツしました。その反対の手には小型の時刻表がしっかり開いた状態で握られていたのです。

 運転席のドアが開き・・・対応に出てきたのは、さっきの駅のホームで声をかけられた車掌さんでした。

 老夫婦の男性は、早速、時刻表を見せながら指で指し示し「徳山行きは?」と聞くのですが、車掌さんは「この電車は福山行きです・・・はっ?・・・わかりません・・・・ええ、わかりません・・・」のような会話があった後、扉は閉められて・・・
 男性は何かの怒りをぶつける場所がなく・・・運転台の横の壁を拳で一発『ボカン』
そのすぐ真横にはPin君が立っていました・・・お目目パチクリ(◎ヘ◎!)
 壁を殴りつけた後・・・男性は奥さんの待っている座席へと戻って行かれたのです。

 一部始終を見ていた私。
いや、私のお節介な虫が騒ぐのです、ザワザワと。
放っておけない性格で・・・何でも首を突っ込みたくなる性格。
でも、もうファイトは最近、無いよなぁ~。

 しかし、私は行動に出ました。理由は唯一つ・・・このままだとPin君は何が起こったのかを理解しないまま、今日のこの出来事を忘れてしまう・・・。それは、いけない。・・・直感的に、「この老夫婦をPin君の記憶の中で悪人にしてはいけないのだ!」と思ったのです。

 私は、ノコノコと老夫婦の座席まで歩いて行き、
「どうされました? どこまで行かれるのですか?」
すると男性は時刻表を取り出して
「6番というから乗ったのに、この電車は徳山に行かない!」
私はさっぱりわかりません~「ちょっと待っていてください」と伝えて座席に戻り、「君たちの出番じゃ」と、鉄道ファンの主人と息子にバトンタッチ。私は、座席で荷物番をすることにしました。

 しばらくして、戻ってきた主人の話を聞くと、
今日、7月1日からJRの時刻表改正だけど、持っている時刻表はどうやら、前のだったらしい。
老夫婦は持っている時刻表の「徳山」行きに乗ったつもりが「福山」までしか行かないので、納得がいかず、車掌に尋ねたがさっぱり要を得られないので怒った・・・といういきさつもわかった。
親切にしたのでPin君は老夫婦からたくさん褒めてもらいました。やはり、嬉しかったようです。

 「鉄道ファン」の主人いわく。今日から、ダイヤ改正なんてほとんどの乗客は知らないよ!
もっと、車内アナウンスするとか、CMを流すとかやらないといけないんじゃないの?(JR西日本さんへ)
あの車掌さんもおそらく違う管内の人でたまたま移動に乗り合わせて急いでたのだろうけど(へぇ、そんな事があるのか・・・)それにしても「わかりません」じゃぁ怠慢だよ~。ほんとにわからなかったんだろうけど。

 そうだそうだ!JR西日本さん。

 で、ところで・・・あの身なりのきちんとした上品な感じの老夫婦はどこまで行くの?と聞いたら
 「福山」で乗り換えて「大畠」まで行って「大島」に行くんだって。だから、目的地到着は6~7時間後かな? もう少しかかるかな?

  きゃ~\(◎o◎)/! そりゃ、遠いよ。

  Pin君は、帰宅後も
  「あのおじいちゃんたち、今頃はやっと福山あたりだ」
  「そろそろ、大畠に着いた頃だ」
  と、時計と時刻表を見ながら・・・老夫婦と一緒に電車の旅をしているようでした。

  そうです、普段から、わが家の「電車男」この父子は時々、自宅にいながらにして「時刻表で一人旅」をすることがよくあるんです。書店に行っても時刻表を無意識のうちに手にして読んでる・・・。私にはわかりません~どこを、どう、読むということができるのか。

  「鉄道ファン」って見てると面白い。不思議な人たちです。
e0044613_226437.gif

  
[PR]
by madorudo | 2007-07-01 23:22 | マドレーヌ家の・・・出来事

夜来香

職場のまーちゃんにお花を頂いた・・・

 朝はあまり香らないんだけど~夜になるととても良い香りがするのよ~。

へぇ~ヽ(^。^)ノありがとう。
\(◎o◎)/!それが!すごい!
  
     夜来香 (いえらいしゃん)
という名のお花(⌒▽⌒)
e0044613_1112131.jpg
切花なのに・・・
夜になるとプンプン香る~薫る
翌朝・・・香りが薄いので、さすがに切花だから、もう香りもしなくなったなぁ~・・・と思っていたら
夕方・・・香りが強くなり!
夜には更に~香る~香る~香る~もう3日目なのに・・・。

切花だけど、枯れていく最後の最後まで力を振り絞り咲き誇ろうとする生命の力強さを教えられました・・・。

凹んだり、些細なことに一々一喜一憂してみたり・・・
あ~人の人生ってそうだから苦しかったり、でも楽しかったりヽ(^。^)ノ
凹んだ時や苦しい上り坂の時は~野に咲く花を見よ!~
(T_T)ありがとう~(感涙)


   久々に我がブログを更新。
   なんだか暫く触らないうちに新機能がプラスされている。。。
   進化しているのじゃなぁ~。
[PR]
by madorudo | 2007-04-19 22:56 | マドレーヌ家の・・・出来事

留守してごめんなさい。

e0044613_22132986.jpg

        長~い、留守をしていてごめんなさい。。
         素敵なクリスマスをお過ごしください。
     
[PR]
by madorudo | 2006-12-23 22:15 | マドレーヌ家の・・・出来事

マドレーヌ その2  <ヤコブ>

「ヤコブ」という名の男。

 旧約聖書の「創世記25章~」に出てくるイサクの息子ヤコブは、ふたごの兄エサウのかかとをつかんだまま生まれ、兄を出し抜き、長子としての特権を得たものの、兄から命を狙われることとなって逃亡する。やがて、兄エサウとの和解を志し、エサウに会いに行く途中のペヌエルで神さまと格闘したことから神さまの勝者を意味する「イスラエル」(イシャラー(勝つ者)、エル(神))の名を与えられ、これが後のイスラエルの国名となった。父イサクの4人の妻との間にできた12人の息子たちはイスラエル十二部族の始祖となったと、そこに記されている。

 新約聖書に出てくるイエスさまの12使徒の中にも「ヤコブ」という名が2人いる。
一人はアルファイの息子の小ヤコブ。もう一人はゼベダイの息子で使徒ヨハネの兄弟でもある大ヤコブ。

 新約聖書「マルコによる福音書1章19節~」によると、
大ヤコブは父ゼベダイや弟ヨハネらと共にガリラヤ湖畔の漁船の中で漁網の手入れをしていたところをイエスに呼ばれて、そのまま父と雇い人を残して、ヨハネと共に最初の弟子となった。と書かれてある。 このゼベダイの子・ヤコブは、やがてユダヤ人の歓心を得ようとしたヘロデ・アグリッパ1世によって捕らえられ、殉教する。「使徒言行録12章2節~」

 カミノ・デ・サンティアゴ・・・
 聖ヤコブはスペイン語で「サンティアゴ」、カミーノは「目標への道」という意味らしい。カトリックの聖地としてローマ、エルサレムと並んで巡礼者の多いスペイン北西部ガリシア自治州にある「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」に向かう巡礼の道・カミノ・デ・サンティアゴ。その道の終着点・サンティアゴ・デ・コンポステーラにゼベダイの息子ヤコブの墓がある。  カミノ・デ・サンティアゴを歩いた人の話によると、ここに登場するのが「ホタテ貝」。巡礼者のしるしとしてホタテ貝をリュックなどにぶら下げて歩くという。1000年前から、ここを巡礼する人々はホタテ貝を食器として持ち歩いたという・・・なぜに?またホタテ貝だ?

 ヘロデ王によってエルサレムで殉教したヤコブの亡骸はその後、スペイン出身の弟子たちが船に乗せて地中海を渡り、この地に運び込んで埋葬したと・・・その時、船底には貝がびっしりとくっついていた・・・それゆえに大ヤコブのしるしはホタテ貝となった。だから、宗教絵画に描かれる大ヤコブは杖を持ち、背負ったズダ袋にホタテ貝がついているということになる。e0044613_1511675.jpg


 私の疑問は、元々単純なものでした。
「お菓子のマドレーヌ」はなぜに「ホタテ貝」の形をしているのか・・・。調べていくうちに、新約聖書の大ヤコブのしるしのホタテ貝へと導かれていきます。お菓子のマドレーヌはフランス・ロレーヌ地方で1700年代に最初に作られたもの、ということになっていますが・・・私は実際に行ったことのないスペイン「カミノ・デ・サンティアゴ」と、フランスのロレーヌ地方コメルシーとの時間も距離も頭の中では縮まらない・・・埋まらない。
 そうこうしているうちに、フランス側からサンティアゴを目指す4つのルートがあることを知りました。
http://www.geocities.jp/petitpixy/page502.html
(絵画とピアノのサロン/巡礼の道とロマネスク文化より)

中でも、ブルゴーニュを出発するルートで、ベルギーやロレーヌ地方から旅してきた巡礼者はヴェズレーに行き、マグダラのマリアの霊感の丘を起点としてサンタマン、リモージュ、ペリグーを経てオスタバで他の道と合流する「リモージュの道」というのに目が留まったのです。
ヴェズレーには「ラ・マドレーヌ聖堂」があります。このキーワードは「マグダラのマリア」(⌒▽⌒)これはなかなか面白いことになってきた。

 こんな簡単なことではないのかもしれませんが、もしかすると最初のマドレーヌさんというお名前の女中さんが作った「お菓子のマドレーヌ」は元々、貝の形をしていたのではなくて、巡礼者と同じように巡礼のルートから入り、次第に今の形になっていったのではないだろうかと、私は思いました。。。


 ところで、
「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」までのカミノ・デ・サンティアゴ800kmを実際に歩いた人の話を聞きましたが、例の「ホタテ貝」は巡礼者の道標として矢印の代わりとなっているようです。そしてその最終地点にある道標「ホタテ貝」は終着点として、まっすぐ天を指しているそうな・・・それは、まるでそこから始まる「新しい出発点」でもあるかのように・・・。

    「門は開け放たれている 誰にでも。
     病者にも健康な人にも。
     カトリックだけではなくて異教徒にも、異端者にも。
     貧者、愚者であろうとも。
     たとえ 無神論者であったとしても。」
           (サンティアゴ巡礼者に配られる「巡礼者手帳」より)

     
                              つづく  (^^ゞ
           
[PR]
by madorudo | 2006-10-25 15:32 | マドレーヌ家の・・・出来事