カテゴリ:ワン公の見たもの・・・ルドルフ( 11 )

\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

去年の暮れ・・・マドレーヌ家での待遇改善を求め、コーギー(抗議)の手段として、放浪の旅に出かけたままのルドルフは・・・
犬にはたいそう珍しい方向音痴で・・・とうとうこんなわけのわからない所にまで来てしまった~。
e0044613_1615495.jpg

     「おりょ? あれは、何だい? さぁ難題!ってか・・・」

( 一一)「あんた きっと 長生きするわ。
      当分 帰ってこんでも ええよぉ~」

     「おかみさ~ん そりゃ、せっしょうなぁ」


                      つづく・・・(え!!続くんかい?)
[PR]
by madorudo | 2006-04-10 16:09 | ワン公の見たもの・・・ルドルフ

オールスター 夢の・・・

・・・「今橋」からふとみると、
何やら広げているおじちゃんが見えます。
大○美術館の壁つたいに、雨の日以外はほぼ毎日、ここにいるおじちゃん。有名なんですよ。
e0044613_13233881.jpg

近づくと・・・
e0044613_13251361.jpg
ヨン様、ジウ姫、ヨンハさま、ヘップバーン・・・
このおじさんは、ここで その場で観光客さんの似顔絵を書いてくれます。
ちなみに犬は 「タダじゃ~」 そうです!
[PR]
by madorudo | 2006-01-20 13:27 | ワン公の見たもの・・・ルドルフ

・・・今、橋の上?

おひさですワン!
ボク(ルドルフ)のお散歩名所案内・・・とうとう、年を越しての初リポートです。
        (初めての方、ご記憶の薄れた方は・・・
         カテゴリー「ボクの見たもの・・・ルドルフ」をポチッと押して
         12月12日 カウントダウン3・・・2・・・をご覧下され)
e0044613_10165553.jpg
今、ボクは「今橋」の上に立っています  
「うわ、ぼっけー逆光で、でぇーれーまびぃーが」*(1) 
大○美術館の正面入り口前には、大○邸との間に、倉○川が流れています。
この川には「今橋」「中橋」「高砂橋」という3つの橋がかかっています。

 特にこの「今橋」ですが、大正15年に天皇陛下をお迎えするために作られたもので、古い木造から、ご覧のように太鼓橋に突貫工事で一新されたというものです。石造りに見えるのですが、当時では最新技術の鉄筋コンクリート製の橋梁だそうです。

 珍しいのはこの「龍」の絵。普通の龍の絵とは違う工夫がそこかしこに見られるのが特徴です。 龍はたいてい横向きで描かれるが、ここには正面を向いた珍しい龍がいる。 デザインしたのは、大○美術館の名画をヨーロッパから集めた画家・児○虎次郎さん。 よく見ると、橋の外側と内側では描かれ方が違っていて、外側は浮き彫り、内側は線彫りになっています。 これは、内側の方が傷みやすいとの配慮からだそうです。 ちなみに橋のたもとにある「今橋」という文字は児○虎次郎さんの才能を見抜いた大○美術館の設立者・大○孫三郎さんの直筆だそうです。
e0044613_9535799.jpge0044613_9541748.jpg
e0044613_9544740.jpg

ここに座るといろんな人が「ボク」に声をかけてきてくれます。
    「毛並みががええなぁ~~」・・・とか?
    「ブラッシングしてもろうとんじゃなぁ~、ツヤツヤ」・・・とか!。。。

    でも!ぼかぁ!! 今年になって1ぺんもお風呂に入れてもろうてねんじゃけど!!!
    「せじゃけー、あんたが散歩に行ったまんま去年から 
           帰ってきょうらんけー ほっとんじゃがー」
*(2)




           *解説・・・*(1)うわ、すごい逆光とてもで眩しい。。。
                  *(2)だから、あなたが帰って来ないので、
                             放ったらかしているのです。。。

  ≪今回より、氣楽亭さんのリクエスト(笑)により
       ○山弁にてリポートをさせて頂きます、お聞き苦しい点は・・・
                   一笑にふしてやって頂ければ幸いです≫
[PR]
by madorudo | 2006-01-16 10:23 | ワン公の見たもの・・・ルドルフ

だれ?

そのとき 振り向いた彼(イヌ)は言った
  「散歩、連れてったるわ・・・!」と、
e0044613_11314992.jpg
「おおきにー、ほな 連れてってー・・・トコトコトコ」

にゃるほど・・・「主導犬」かぁ。
うちのルドルフは、いつも自分が散歩に連れて行ってあげている、と思っていたのか・・・
どおりで、引っ張られているような気がいつもしておりましたm(_ _)m


       昨年からスタートしたルドルフの「お散歩・名所案内」
       お正月という道草で中断しておりましたが、また今年も
       再開させていただきます、よろしゅうお願いいたします
       ・・・スタッフ一同 ペコリ。
[PR]
by madorudo | 2006-01-11 11:42 | ワン公の見たもの・・・ルドルフ

今日は何の日?・・・12月14日

e0044613_22274842.jpg


e0044613_22282081.jpg


e0044613_22284016.jpg


      ♪~たん たん たん たん たんじょうび 
             ルドの ルドの たんじょうび~♪
                 おめでと~~~!!!
                
          あー、うめぇ~ ゲップ  

                      by ルドルフ 満1歳


*壁紙にどうぞ!
いらんわ!そんなもん!!
                             
[PR]
by madorudo | 2005-12-14 22:37 | ワン公の見たもの・・・ルドルフ

カウントダウン 3・・・2・・・

お散歩コースで旧大原家前まで来ると
「今橋」という石橋があります。
そこを渡ると例の・・・
e0044613_11185741.jpg
・・・大○美術館が見える。
ボクは橋を渡らずに丁度、橋の反対側から見ることのできる ここの景色が大好き!

マドレーヌ母さんがいうには、昔 「an‐an アンアン」とか「non‐no ノンノ」という雑誌に紹介されて「アンノン族」がぞろぞろとやってくるようになる前までは、とても静かな場所だったとか。
この美術館へ来る人も、国内より海外の方で知名度が高く、外国人観光客や国内の美大生が中心だったとか・・・。
今は 日曜の早朝が一番 昔を再現している・・・と。

  ボクもいつか エルグレコの「受胎告知」を観に中に入ってやる~~!
                                      ワンワン

     昨日より・・・3秒前(人間界では3日前)の
                カウントダウンに入ったらしいだ!ワンワン 
                ↑さて、何のカウントダウン?なのでしょうか?
                                 (* ̄m ̄) ププッ

               by ルドルフ


― 注 ―
 ≪アンノン族≫
アンノン族とは、1970年代中盤から1980年代にかけて流行した言葉。ガイドブックを片手に一人旅や少人数で旅行する若い女性を指した。旅行の主役として女性が重要視される最初のキッカケとなった現象。同時代の若人の旅行スタイルカニ族と共に現在ほとんど使われない。
 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 ≪還暦ギャル≫
雑誌『アンアン』『ノンノ』が創刊された1970年代初頭に20代半ばだった女性たちの、現在の姿をさす。博報堂生活総合研究所所長・関沢英彦の造語。かつて「アンノン族」と呼ばれていた彼女たちは子育ても終わり、経済的にも余裕ができて、再び女友達同士で街のトレンドスポットを闊歩するようになった。かつての「アンノン族」が男友達ではなく、女友達同士で旅行に出たのと同じ現象である。新しくオープンした東京・汐留のシオサイトなどに押しかけ、ケータイ片手に友達にメールを送ったり、会話をしながら連絡を取りあって集合する。「還暦アンノン族」と言ってもいい。「冬ソナ」の大ヒットの中心をなしているのも実は彼女たちで、ドラマが描く古風な恋愛が、若き日の恋愛の記憶と重なるものが多いから、という説もある。
 出典: Yahoo!辞書  新語探検

 私は アンノン族も還暦ギャルも知っていますが・・・世代は全く違います、もっと若こうございます! でも・・・、間違いなくその流れを汲むものであります。はい。 
         by マドレーヌ
[PR]
by madorudo | 2005-12-12 10:52 | ワン公の見たもの・・・ルドルフ

お散歩コースだ!ワンダフル ワンワン

・・・いやがるコロスケを無理やり羽交い絞めにした後、またまた川沿いに歩いていくと・・・

・・・そこには、古いお屋敷「旧・大原家住宅」(国指重文)が見えてきます。
町屋の佇まいでひっそりと景観に取り込まれているせいでしょうか、この地を訪れる観光客さんのほとんどが、この大原家住宅をご存知なく・・・通り過ぎて行かれます。
「観光案内所」にシルバーボランティアガイドさんが大勢待機されてますので、お越しの際はぜひ、ご利用ください、あちこちと連れ回って・・・くださいます(^○^)もちろん無料ですワン。
e0044613_11334757.jpg
お~!大原邸の紅葉が美しい。毎朝、玄関を出るとこの光景というのは何とも贅沢。この大原邸の正面には石橋があって・・・そこを渡ると

 う~、ここでちょっと失礼 「ボク」なもので 
            あちこちで片足上げながら歩くのよ~~~
                  m(_ _)m シャー
[PR]
by madorudo | 2005-12-09 11:44 | ワン公の見たもの・・・ルドルフ

お散歩コース!つづきだワンワン!!

白鳥さんと、鯉さんに さよならして・・・
川筋をクンクンしながら歩いていると・・・うん?この匂いは確か。。。
e0044613_17421471.jpg
「コロスケ!」

教会で教会学校担当のミサの日にオルガンを弾いてる
                       ピロリンさんちのコロスケくんです!
ダッシュ! ダッシュ!! 猛ダッシュ!!! 

 シーン(1)

   コロスケ 「やば! ルドだ! 逃げなければ・・・」

   ルドルフ 「ペロペロ、chuchu!!」

   コロスケ 「き、君は・・・ 相変わらず 暇やねぇ」

   ルドルフ 「ペロペロ、chuchu!!」

   コロスケ 「ふ・・・(知らん顔)」


 シーン(2)

   コロスケ 「君 知ってる?」

   ルドルフ 「何々? chuchu!!」

   コロスケ 「ボクが 実は ヒュフォ~~ だってこと」

   ルドルフ 「へぇ? ヒュフォ~?ってHGの?」

   コロスケ 「・・・そう」

   ルドルフ 「な~んだ、ボクもだよ~ん 今どき そんなの常識」

   コロスケ 「じゃぁ、結婚できるか」

   ルドルフ 「うーん、英国ならそれも
                   できるようになったらしいんだけど・・・
                        ボク、国籍は日本だから」

   コロスケ 「え? 君はブリティッシュ犬じゃないの?・・・」

   ルドルフ 「曾爺さんあたりまででしょうか ボクって英語駄目なのよ」 

   コロスケ 「・・・大そうな名前、付けてもらったなぁ~」

   ルドルフ 「元の名は マークっていうんだよ」

   コロスケ 「・・・マーク・レスター? 英国っぽいや」


                         by るどるふ(源氏名)
[PR]
by madorudo | 2005-12-07 18:01 | ワン公の見たもの・・・ルドルフ

お散歩コースだ!ワン!! 

e0044613_1742245.jpg
お散歩の途中です。川を覗くと・・・
「ボク」のファンが、ぞろりんこ ぞろりんこと集まってくる。

今日も・・・いたいた。

  シーン(1) 
   
      白鳥 「男前!ルドルフ!!」

      鯉  「きゃ~! ステキ!!」

      ルドルフ 「いや~ それほどでも・・・(照れ照れ)
                   ボクに惚れちゃあいけないなぁ~」

      白鳥&鯉 「どちてぇ~?」

      ルドルフ  「・・・空腹だから」


  シーン(2)
      
      白鳥 「へい! らっしゃい! よ!大将! 
                    今日も活きのいいのいるよ!」

      ルドルフ 「うーん。寒いね!今夜あたり 
                     熱燗でクイッといきたいねぇ」

      白鳥 「刺身かい! 踊り食いでパクッと?」

      ルドルフ 「・・・テキトーにみつくろって・・・空腹だから」



  みんな 「ボク」に食べてもらいたくて・・・ぎゃ!もとい!  な、わけないだろ!
  
  みんな 「ボク」に会いたくて待ってくれています。。。
         
             吠え笑みの貴公子 ペッペ・ルドルフより~
[PR]
by madorudo | 2005-12-05 16:52 | ワン公の見たもの・・・ルドルフ

落ち葉

e0044613_18475592.jpg

    あぁぁ・・・ 寂しい・・・          by ルドルフ
[PR]
by madorudo | 2005-11-28 18:51 | ワン公の見たもの・・・ルドルフ