参観日でした


e0044613_1161912.jpg






昨日は、小学校の参観日でした。


授業は「学活」と称して・・・保健体育⇒性教育
『わたしたちの身体が大人になるということ』

今の小学校3年生は身体の発育についてここまで学ぶのか!・・・と驚きました。
身体各部の正式名称を習っていました。性ホルモンについても簡単ですが、子どもにはわかり易い説明がされていました。担任はベテランの男性教師です。保護者からも信頼は厚く、頼りにされている先生です。
授業は・・・初っぱなから盛り上がりました。先生も面白おかしく上手にクラスをコントロールしながら、丁寧に授業を進めていきました。

帰宅後、夕食の時間に子どもからその授業の話題がでました。よく理解しています。
小3といえば、色んなことが少しずつわかりかけてきた年代ですが、それを照れることもなくストレートに吸収できる、ピッタリの年齢での性教育だなぁ~と関心しました。

だけど、この年代でも、この分野の詳細を知っている子はいるんですねー。
うちの子は、一人っ子なので情報源も無く、なんのこっちゃ?みたいな顔をしていましたけれど、もしや親が少し早いかな?と思うくらいの時期であっても、正しく教えれば問題ないのだとしみじみ悟りました。親にとっても充実した授業参観でした。

その後、学年懇談会『PTA人権教育研修会』へと続きます。
2クラスしかありません。参加保護者は17名。(豪華、お茶のペットボトル500㍉各自1本つき・うちのPTAはお金持ち(爆々)
今回は、ゲーム形式で面白かったのでご紹介します。

<人権の熱気球>
「あなたは今、大きな気球にたくさんの人達と乗っています。
気球は重たくて、今にも落ちそうです・・・助かるためには、荷物を捨てなければいけません。
手荷物は10個の「権利」です。さて、あながたもし、捨てるならば、どの順番に捨てていくことができますか?」

①きれいな空気を吸う権利(きれいな・・・というのがミソ)
②休養できる時間を持つ権利
③自由にできるお金をもらう権利
④毎年、旅行をして休暇楽しむ権利
⑤みんなと異なっていることを認められる権利
⑥正直な意見を言い、それを聞いてもらう権利
⑦いじめられたり、命令・服従されない権利
⑧私だけの部屋をもつ権利。
⑨毎日、十分な食べ物ときれいな水を得る権利(毎日、十分な・・・というのがミソ)
⑩愛し、愛される権利

以上を個人の意見を言いながらグループで話し合い、捨てられる順位をつけました。
どれも大切なことばかりです、究極の選択に全員は悩むハメとなりました。。。
正解があるわけではないのですが、私のグループの結果は・・・
④⑧②③⑨①⑥⑦⑤⑩でした。なかでも⑥⑦⑤の順位でモメました。

あなたなら~どうですか? 何から捨てられます? 
やってみるとなかなか難しいんです。
[PR]
by madorudo | 2005-09-10 11:01 | マドレーヌ家の・・・出来事
<< 直島を歩いてきました 今日の収穫・・・でも、かなり気... >>