マドレーヌ その2  <ヤコブ>

「ヤコブ」という名の男。

 旧約聖書の「創世記25章~」に出てくるイサクの息子ヤコブは、ふたごの兄エサウのかかとをつかんだまま生まれ、兄を出し抜き、長子としての特権を得たものの、兄から命を狙われることとなって逃亡する。やがて、兄エサウとの和解を志し、エサウに会いに行く途中のペヌエルで神さまと格闘したことから神さまの勝者を意味する「イスラエル」(イシャラー(勝つ者)、エル(神))の名を与えられ、これが後のイスラエルの国名となった。父イサクの4人の妻との間にできた12人の息子たちはイスラエル十二部族の始祖となったと、そこに記されている。

 新約聖書に出てくるイエスさまの12使徒の中にも「ヤコブ」という名が2人いる。
一人はアルファイの息子の小ヤコブ。もう一人はゼベダイの息子で使徒ヨハネの兄弟でもある大ヤコブ。

 新約聖書「マルコによる福音書1章19節~」によると、
大ヤコブは父ゼベダイや弟ヨハネらと共にガリラヤ湖畔の漁船の中で漁網の手入れをしていたところをイエスに呼ばれて、そのまま父と雇い人を残して、ヨハネと共に最初の弟子となった。と書かれてある。 このゼベダイの子・ヤコブは、やがてユダヤ人の歓心を得ようとしたヘロデ・アグリッパ1世によって捕らえられ、殉教する。「使徒言行録12章2節~」

 カミノ・デ・サンティアゴ・・・
 聖ヤコブはスペイン語で「サンティアゴ」、カミーノは「目標への道」という意味らしい。カトリックの聖地としてローマ、エルサレムと並んで巡礼者の多いスペイン北西部ガリシア自治州にある「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」に向かう巡礼の道・カミノ・デ・サンティアゴ。その道の終着点・サンティアゴ・デ・コンポステーラにゼベダイの息子ヤコブの墓がある。  カミノ・デ・サンティアゴを歩いた人の話によると、ここに登場するのが「ホタテ貝」。巡礼者のしるしとしてホタテ貝をリュックなどにぶら下げて歩くという。1000年前から、ここを巡礼する人々はホタテ貝を食器として持ち歩いたという・・・なぜに?またホタテ貝だ?

 ヘロデ王によってエルサレムで殉教したヤコブの亡骸はその後、スペイン出身の弟子たちが船に乗せて地中海を渡り、この地に運び込んで埋葬したと・・・その時、船底には貝がびっしりとくっついていた・・・それゆえに大ヤコブのしるしはホタテ貝となった。だから、宗教絵画に描かれる大ヤコブは杖を持ち、背負ったズダ袋にホタテ貝がついているということになる。e0044613_1511675.jpg


 私の疑問は、元々単純なものでした。
「お菓子のマドレーヌ」はなぜに「ホタテ貝」の形をしているのか・・・。調べていくうちに、新約聖書の大ヤコブのしるしのホタテ貝へと導かれていきます。お菓子のマドレーヌはフランス・ロレーヌ地方で1700年代に最初に作られたもの、ということになっていますが・・・私は実際に行ったことのないスペイン「カミノ・デ・サンティアゴ」と、フランスのロレーヌ地方コメルシーとの時間も距離も頭の中では縮まらない・・・埋まらない。
 そうこうしているうちに、フランス側からサンティアゴを目指す4つのルートがあることを知りました。
http://www.geocities.jp/petitpixy/page502.html
(絵画とピアノのサロン/巡礼の道とロマネスク文化より)

中でも、ブルゴーニュを出発するルートで、ベルギーやロレーヌ地方から旅してきた巡礼者はヴェズレーに行き、マグダラのマリアの霊感の丘を起点としてサンタマン、リモージュ、ペリグーを経てオスタバで他の道と合流する「リモージュの道」というのに目が留まったのです。
ヴェズレーには「ラ・マドレーヌ聖堂」があります。このキーワードは「マグダラのマリア」(⌒▽⌒)これはなかなか面白いことになってきた。

 こんな簡単なことではないのかもしれませんが、もしかすると最初のマドレーヌさんというお名前の女中さんが作った「お菓子のマドレーヌ」は元々、貝の形をしていたのではなくて、巡礼者と同じように巡礼のルートから入り、次第に今の形になっていったのではないだろうかと、私は思いました。。。


 ところで、
「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」までのカミノ・デ・サンティアゴ800kmを実際に歩いた人の話を聞きましたが、例の「ホタテ貝」は巡礼者の道標として矢印の代わりとなっているようです。そしてその最終地点にある道標「ホタテ貝」は終着点として、まっすぐ天を指しているそうな・・・それは、まるでそこから始まる「新しい出発点」でもあるかのように・・・。

    「門は開け放たれている 誰にでも。
     病者にも健康な人にも。
     カトリックだけではなくて異教徒にも、異端者にも。
     貧者、愚者であろうとも。
     たとえ 無神論者であったとしても。」
           (サンティアゴ巡礼者に配られる「巡礼者手帳」より)

     
                              つづく  (^^ゞ
           
[PR]
by madorudo | 2006-10-25 15:32 | マドレーヌ家の・・・出来事
<< エスエスのピョンちゃん スポー... マドレーヌ その1 <貝型> >>