・・・清らかに白い

        「銭の花は清らかに白い  
            だが 蕾は血がにじんだように紅く  
                 その香りは汗の匂いがする」
                                  花登筺

 夕べ、沢口靖子さんのドラマがありましたが(残念ですが見ていません)、
その昔・・・大阪万博で世間は景気づいていた頃・・・
伊豆熱川の「山水館」という旅館を舞台に、波乱万丈な女主人公の加代の役で、新珠三千代さんが登場し、人気を博したドラマ「細腕繁盛記」の冒頭で流れるナレーションでした。
素敵な文章ですね、短く簡潔で、意味深く、心に残る~今でも覚えているほどですから。

  当時、私は銭の花は見たことないけど、
   銭の花は=白いらしい
   白なのに=蕾は何故に紅い(?_?)のだろう
  しかも、汗の匂いがする、ときたら=嗅ぎたくはないわなぁ~~絶対に
 と、思いながらも・・・ワクワクとTVの前に座り、毎週 楽しみにみていましたねぇ。

 何が面白かったかって、そりぁおめっちよー、富士真奈美さん扮する正子の憎々しい静岡弁だずら~。

 方言って面白いですよね。
私は名古屋、三河方面の方言を知っていますが、愛知県豊橋市から峠を1つ越えた辺りで急にあの「山水館」を思い出させる言葉が耳に飛び込んできます。
名古屋・・・「~~でよー」
三河豊橋・・・「~~だらー」
静岡・・・「~~ずらー」
という具合に語尾が変わっていくんだなぁ~と思いました。

それにしても、若い時に覚えた文章は暗唱のまま、今も忘れることなく
「銭の花は清らかに・・・」と出てくる自分が可笑しくって・・・ほほっ

          ところで 『銭の花』ってみなさん、見たことあります?
          5円玉の通った「カネのなる木」はよく見ますけど・・・
          まぁ、どちらも我が家にはございませんので
              貯まるものもございませんm(__)mあしからず。
[PR]
by madorudo | 2006-01-21 16:38 | 記憶・・・忘れられないもの
<< ごめんなさい・・・パソコン、絶... オールスター 夢の・・・ >>