「ほっ」と。キャンペーン

ルドルフの待ては続く・・・ケイタイから投稿

e0044613_15114084.jpg

「待て」や「おすわり」などの芸達者なワンコは、度々飼い主から理不尽な思いをさせられる。
蛋白質アレルギーがある我が家のルドルフ(♂)は、アミノ酸に変換させた餌しか食べられない…。
 肉も魚もダメ。 カンガルーやワニならアレルギーが出にくいと言われて試したがダメだったのさ。

替わりに、野菜や果物はOK (o^-')b
ミカンを柵の上に並べられて…待て!を強要されている ルドルフ U^ェ^U

ミカン大好き。
夏は「冷凍ほうれん草・宮崎産」が好き。
白菜も好きだが、芯は上手に残す。

 草食系男子。

そういえば、「ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート2010」はとても良かった。
ルドルフも安眠できたようだ。
「今年のも良かったけど・・・2年前のが良かったよねぇ」などと夫・パーマンと話して新聞を開くと・・・
・・・今年の指揮者は、フランスの指揮者ジョルジュ・プレートルである・・・2008年と同じ指揮者ではありませんか。月日が経っても私の「好み」は変らなかった。
だから、バレエもパリ・オペラ座が出演していたんだわ。
85歳のジョルジュ・プレートル・・・私の父とほぼ同年代・・・一緒にするのは申し訳ないが、双方どちらも丈夫そうだ。
長生きして欲しい~。
[PR]
by madorudo | 2010-01-04 03:11 | 犬・・・ワン公な日々
<< 驚きの(☆_☆)方言 父の年賀状 (2) >>