あたらしいもの

風邪ひきマスク。そろそろこんな季節がやってくる・・・
e0044613_21143963.jpg

 今日、いただきましたイソジンのかば君?
これって、ピョンちゃんやケロちゃんに比べると、ずーとずーと最近ですよねぇ、
いつ頃からでしょう?
ご存知の方、教えてください。


近くにオープンしたばかりのお店に行ってきました。
私が寿退社するまで勤めていた会社の経営するチェーン店の新店舗です。
退社といっても、郷里へUターン就職で戻ってから採用してもらい、結婚するまでの間のわずかな歳月でした。
確か、面接の時「Uターン組の女性は、あっという間に結婚退職しちゃうからね~」と常務に釘を刺されるように言われたことを思い出しました。ぷぷっ。今思うと、それは 女性の働きにくい環境であった、ということです。男女雇用機会均等法を大変な勘違いをされておられる幹部がいる会社はたくさんありますが・・・。

その会社の経営する店舗とは、ドラッグ・ストアーです。
ここは何店舗目でしょうか? 開店2日目で、ごった返す店内の片隅に私の古~い記憶に触れるお顔を発見。
当時、私の退社と入れ替わりに入社してきた中途採用の男性が、今はマネージャーで残っていました。
この業界も価格競争、生存競争のたいへんな時代です。果たして生き残れるのか~~。

ここで、ちょっと内緒のお話(^0_0^)
 新聞の折込広告が入りますよね。
チェーン店はどこも同じチラシを使いますよね。
内容はほとんど同じで良いわけですから、本部が一括して作ることになります、毎回、同じ要領で。
各店舗は独立採算の形に売り上げが計上されるので、売り出しともなると店長以下、作戦を練ることになります。
チラシには、一般の方にはわからないように・・・暗号が隠されている場合が多い。 (^m^)ニヤニヤ
例えば・・・仕入れ値を割っているか否かが価格の色分けでわかるようになっている!・・・とかぁ(^^)
会社に益をもたらす商品の順位がわかる!・・・などぉ(^^) お~っと、企業秘密なのであまりこれ以上は書けませんが・・・(私はもう業界の人ではないので良いか(* ̄m ̄) プププッ

お店に行くと、陳列された商品棚に価格が表示されていますね。ご存知「バーコード」があって、その下に「JANコード(Japanese Article Number)」という番号の羅列がありますが、これは在庫管理と発注システムを使っているので、売り上げ実績を単品単位で集計しているんですね。確か、日本は49から始まり、次にメーカーコード、商品コードなどが並んでいます。
面白いのはその下あたりにある独立した数字。各店のお好みの発注単位が書かれている場合がほとんど。どの商品が良く売れているか、だいたい見当がつきますぅ(^m^)ニヤニヤ 
そして、そのあたりに×だの、赤丸だの、塗りつぶしだの、があれば近々、それは仕入れをストップさせたり、廃盤となってしまう商品。
(お断り:これは、かつて私が勤めた会社でのお話(^^)よそで適応してるかどうかは存じませんが・・・どちらにせよ物流業界はどこも似たりよったりの用語とシステムですぅ)
今度、スーパーやドラッグストアーなどに赴く時は、ぜひぜひチラシ片手にバーコードあたりをご覧下さいませ。いつもと変わらないお買い物が、もっと楽しく、面白く・・・ならないかぁ~m(__)m

という つまらないお話でした・・・。
[PR]
by madorudo | 2005-09-28 21:32 | アンティークな・・・ガラクタ
<< ぬふふ ドガ~ン! 愛車が入院しました。。。 >>